asazu design office

お問い合わせはこちら

広島市の注文住宅の子供部屋について考える

広島市の注文住宅の子供部屋について考える

2022/03/11

みなさま、子供部屋についてどう考えますか?

 

写真は広島市で竣工した注文住宅の子供部屋の施工事例です。

この子供部屋、この建物の中で1番環境が悪いんです。いろいろ必要な部屋を割り当てて行って

最後に残ったのが子供部屋でした。

今は11畳あるのですが、将来は5.5畳づつに区切れるように計画をしています。区切るかもしれませんし、区切らないかもですね。

2/3を子供部屋として、残る1/3は収納になるかもしれません。

子供の成長に合わせて、進化していく部屋になっていってほしいと思っています。

壁のアクセントカラーのピンクは家づくりの思い出に家族みんなでセルフ塗装をしています。家族で壁を塗っているため、それこそ

子供の成長に合わせて、飽きたら違う色に塗ることもできそうですね。

1階のキッチン、ダイニングテーブル周りをこだわって製作しているので、子供が子供部屋に行くよりかは、1階で家族みんなで時を過ごせるように

1階は充実させ、2階の子供部屋はあえて、こだわらず設計をしています。寝る時だけに使用する部屋です!!

 

マイホームを計画したい方は、是非、設計事務所 asazu design officeへお気軽にご相談ください!!