asazu design office

設計事務所とハウスメーカーや工務店はどこが違う?広島市でデザイン住宅はasazu design office

お問い合わせはこちら

設計事務所とハウスメーカーや工務店はどこが違う?広島市でデザイン住宅はasazu design office

設計事務所とハウスメーカーや工務店はどこが違う?広島市でデザイン住宅はasazu design office

2022/09/22

家づくりを依頼する際、多くの方がハウスメーカーに、ご依頼になる場合が多いのかもしれません。

ハウスメーカーもいくつもありますが、広告宣伝やモデルルームまた大きなハウスメーカーでは全国的に支社も持っており、家づくりの際には1番知名度もあります。ハウスメーカーで建てる住宅は、ほぼ規格化された住宅を大量に建てることで、材料単価も下げ比較的リーズナブルな建築コストで住宅を建てることができます。その反面、規格化が基本ですのでこだわりや思いが多い場合はオプション費用がどんどん増え、コストがアップしていく傾向にあります。また、ハウスメーカーによっては工法が決まっていたり、標準仕様があったりと、一般的な住宅づくりとなります。今では、規格化された商品を取り付けていく、実物大のプラモデルを制作するようなイメージです。

 

工務店を見てみると、地域に根ざした大工さん主体の住宅づくりのイメージが強いですよね。住宅づくりのイメージとしてはハウスメーカーに近いものがあると思います。大きな違いはハウスメーカーほど宣伝費にかけていないことかもしれません。ハウスメーカーのように営業担当がいないことが多いからです。住宅づくりの中身を見てみると、あまりこだわった住宅づくりには向いてないのかもしれません。比較的、標準なリーズナブルな住宅づくりとなると思います。

 

そして、設計事務所はというと、asazu design officeも設計事務所の類に入るのですが、先ずは設計に特化しているということ。設計に特化しているので、お施主様のこだわりや思いに親身になって設計をし、こだわりや思いを大切にひとつひとつ丁寧に設計をすることが可能になります。また、ハウスメーカーのように営業と設計が分かれているということがなく、最初から最後まで一貫して同じ担当者が担当になることで行き違いなどの発生も設計事務所へのご依頼の場合は防ぐことができます。お施主様との家づくりの大切な時間を最初から最後まで、そしてアフターフォーローまでお施主さまと共有することが可能です。設計事務所の場合はハウスメーカーや工務店のように標準仕様や限定されるものがなく完全オリジナルな自由設計となります。お施主様と1からの家づくりになりますのでいろいろなご要望を取り入れることができます。構造も階数もその時の状況に応じて考え、間取りや仕上げ素材もお施主さまにベストな家づくりをご提案させて頂きます。どこにでもあるような、敷地や方角など関係なしにただ、規格化された住宅を配置する。建物の中にぎゅうぎゅうに部屋を配置する。なんてとお思いの方、もっと自由にライフスタイルにあったデザイン住宅に住みたいとお思いの方,こだわりや思いがある方、デザイン住宅は設計事務所へご依頼になることをお勧めします。設計事務所はデザインに特価したデザイン住宅のイメージがありますよね。住宅だけではなく様々な建物を設計していますので、その経験値やノウハウそして柔軟な発想でデザインにはハウスメーカーや工務店よりかは長けていると思いますし、こだわりのデザイン住宅にお住まいになることが可能です。ただ、デザインだけではなく、間取りや使い勝手も大切にすることを前提にトータルにデザイン住宅づくりをさせて頂いています。また、変形地や狭小地など一般的にデメリットと思われがちな土地でも、そのお施主様にとってはメリットになるようなそして周辺環境をも取りいれたデザイン住宅づくりが可能なのかもしれません。デメリットと思われがちな土地の方が意外に個性豊かなオンリーワンなデザイン住宅になる場合も多くあります。それは、お施主様とよく対話をすることで、そしてお施主様のこだわりや思いを大切にすることで成り立っていきます。

ハウスメーカーや工務店との違いのもう一つは、ハウスメーカーや工務店は営業、設計、施工まで一貫して自社で行うのが通常です。設計事務所の場合は設計と施工の会社が異なります。お施主さまの状況や計画建物の状況をみて設計事務所が1番計画に合った施工会社を選定し、施工は設計事務所と施工会社が協力をしながら工事を進めていきます。

設計事務所は設計事務所という立場で工事を監理します。施工会社は施工会社の立場で工事を管理します。お互いが協力しながらも設計事務所は時には第三者的に厳しく工事をチェックしますし、設計事務所と施工会社お互いがチェックすることでダブルチェックとなり工事も案して遂行することが可能になります。ハウスメーカーや工務店での施工は現場へいくとよく、担当者がいなくて、その時その時の工程の職人さんだけで、職人さんが主体となって工事を進めている場合が多いですよね。これだと何か起きた時に誰が責任をとるのか、また工事を一貫して把握して厳しくチェックする人間が不在の為、後から何かおこった場合でも状況を掴むことが不可能な為、少し不安なのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーや工務店がつくる比較的リーズナブルでありながらも一般的な住宅。かたや設計事務所のオンリーワンを目指したデザイン住宅。一生そこで生活していくと考えた時、住宅に合わせてライフスタイルを変えていくのか、ライフスタイルに沿ってデザイン住宅をつくっていくのか、どこまでこだわるのか難しいところです。服や車のように気に入らなくなったから買い替えるとうことはできません。慎重に考えていく必要がありますが、デザインすることでお施主様にあった愛着の湧く、快適な環境をご提供できるのは設計事務所の特権だと思いますし、設計事務所もお施主様の思い同様にひとつひとつ丁寧に慎重にデザイン住宅づくりに励みます。

 

 

 

写真は広島市で設計監理をさせて頂いたデザイン住宅です。この写真の場面は内部空間であるLDKとデッキをほぼフラットにつなぐことで、空間が広く開放感がより増しながら気持ちの良い空間づくりが可能になります。また、デッキ材も本物の無垢材とプリント物の樹脂材がありどちらもメリット、デメリットがあるのですがこの広島市のデザイン住宅では本物の無垢のデッキ材を使用しています。経年変化は、お施主様によっては何とも言えない味がでて好むお施主様も多くいます。

 

 

asazu design officeは広島市を拠点に全国で活動をさせて頂いている【暮らしをデザインする】アットホームでおしゃれな設計事務所です。

 

 

広島市に限らず、おしゃれなデザイン住宅をお考えの方は、いつでも何でもご相談、お問合せください。

お問い合わせはこちらより ← 是非、宜しくお願い致します。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。