asazu design office

お施主様のこだわりや思いを追及する理想のおしゃれなデザイン住宅は広島市の設計事務所asazu design office

お問い合わせはこちら

お施主様のこだわりや思いを追及する理想のおしゃれなデザイン住宅は広島市の設計事務所asazu design office

お施主様のこだわりや思いを追及する理想のおしゃれなデザイン住宅は広島市の設計事務所asazu design office

2022/09/17

写真は広島市のお隣の東広島市で設計・監理させて頂いたおしゃれなデザイン住宅です。

 

ローコストでつくり、シンプルでありながらもお施主様のこだわりや思いを大切に、ひとつひとつ丁寧に設計監理をさせて頂いたデザイン住宅です。

物価の高騰が続く昨今、建築資材もコストが跳ね上がり建築費用は高くなってきています。その中でも至れり尽くせりとはいかなくとも、お施主様の理想のデザイン住宅づくりをお施主様と共にさせて頂きます。

 

写真の物件はのお施主様のご希望は小屋のような空間ではあるがすっきりとしたデザイン住宅であること。

柱や梁をなるべく露出し、天井には木を貼っています。

asazu design officeの心がけるひとつのポイントは天井のデザイン、仕上材について慎重に設計をさせて頂きます。空間の中で何気に普段暮らしていると案外天井がデザインされていると気持ちが良いものです。床は無垢のフローリングを貼ることをお勧めさせて頂いているのですが、フローリングの価格も幅があるのですが、お引き渡しをさせて頂きそこに生活感が入ると案外、床は物などで隠れて目立たなくなってしまったり、なんとなく空間になじんで存在感が薄れていきます。壁も一部アクセント壁にすることはとても良いことで空間が映えていくのですが、メインとなる壁はシンプルにそっとすることで空間全体がトータルに馴染んでいきます。ですので、床、壁はなんとなくぼんやりとした空間構成とし、天井材をこだわることでデザイン住宅の価値を高めていくこともひとつのテクニックなのだと思っています。

柱や梁についても一般的な構造材として使用されるもの、それを意匠として見せるための綺麗な化粧材としての柱、梁など使い分ける必要性がありますが、ここの物件では化粧材では柱、梁の1本1本は綺麗でも空間全体を見渡した時、この綺麗さは違和感があり似つかわしくないので普通の構造材として使用される柱、梁を採用しています。ですので、ところどころ柱や梁に印字がされています。

 

空間構成、素材使いはシンプルでありローコストながらもハウスメーカーや工務店の家づくりとは差別化を図ったデザイン住宅となっています。

風の抜け、通りを意識したデザイン、外部への視線を意識したデザイン、薪ストーブ、土間のある空間、ロフトのある空間など、生活する上で遊びも体感できるデザイン住宅となっています。外構には植栽を多く配置している為、室内からの眺めもよく心が和みリラックスできる空間となっています。外部の環境、外構の環境を室内空間へ取り組むことも戸建ての住宅の特権であり、意識してデザインすることが大切です。外部からの見え方も大切ですが、内部空間からの視線をも意識してデザインする必要があります。

 

 

 

 

asazu design officeは広島市を拠点に全国で活動をさせて頂いている【暮らしをデザインする】アットホームでおしゃれな建築事務所です。

 

 

広島市に限らず、おしゃれなデザイン住宅をお考えの方は、いつでも何でもご相談、お問合せください。

お問い合わせはこちらより ← 是非、宜しくお願い致します。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。